https://akiaora-media.com

トラベル

【オークランドのバス事情②】バス停を徹底解剖!駅のような作りって本当?

2022-04-06

akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

乗り物オタクの筆者がオークランドのバスを徹底考察する連載。

第二回は「バス停」について徹底解剖!

オークランドのバス停は大きく分けて二種類あり、知っておかなければならないローカルルールも存在。

写真付きで紹介し、利用時の注意も詳しくまとめました。

 

あっこぷ
Kia Ora! オークランド在住のあっこぷです

観光、留学、ワーホリなどでオークランドに訪れる前の予習にどうぞ!

 

▶︎地球の歩き方「ニュージーランド」最新版

 

前回の記事も合わせてお読み下さい!

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情①】交通機関はバスが中心!路線の特徴もまとめました

  オークランドの公共交通機関はバスが中心。 ワーキングホリデーや留学などでは必ずお世話になり、観光客でも利用する機会があるでしょう。 車を持っていないのであれば、なおさらです。 &nbsp ...

続きを見る

 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

バス停は大きく分けて2パターン

 

オークランドのバス停は、大きく分けて2つのパターンが。

 

バス・ストップ(Bus Stop

→一般的なバス停。ポールが立っているだけのシンプルなもの。雨避けベンチが設置されているところも。

バス・ステーション(Bus Station)

→駅のようなバス停。ノーザンエクスプレスなどバス専用路線のみに設置。

 

あっこぷ
それでは、詳しく見ていきましょう!

 

一般的なバス停(Bus Stop)

 

ローカル路線のバス停は「バス・ストップ(Bus STop)」と呼ばれます。

地面にポールが立てられているだけのシンプルな作りです。

 

町の中心部など利用者の多いにバス停には、路線図や時刻表の立て看板があります。

 

 

横から見るとこんな感じ。

街並みに溶け込んでいるため、注意しないと見落としてしまいそう?

ポールには運行しているバスのナンバーが表記されています。

 

 

右下に小さく人が手を上げているマークがあります。

これは、オークランドではバスを利用する際は運転手に手を上げなければならないため

手を上げなければ、平気でスルーされてしまいます。

 

あっこぷ
沢山人がいても、平気で素通りされるのでご注意を!

 

雨宿りできるベンチスペース付き

 

場所によっては、雨宿りや風除けスペース

ベンチが設置されているバス停もあります。

 

 

こちらはオープンエアタイプ。

バス停によっては、ポールと雨避けスペースに距離がある場合も。

利用する際はもちろん、手を上げるのを忘れずに。

 

あっこぷ

音楽を聴いていり、スマホに集中しすぎたりして、バスを乗り逃すのがオークランドあるある

常にバスの気配に集中していないといけないのが、オークランダーの常識です。

 

電光掲示板がある路線も

 

利用者の多いバス停には、電光掲示板が導入されているところも。

カメラ画面の関係上、上手に写すことが出来ませんでしたが、実際はきちんと表示されています。

 

あと何分で到着するかの表記はとても便利。

ローカルバスは時間通りにこないことがほとんどなので、表記があるのはとても助かります。

 

 

バスがやってきました。

自分が利用するバスの場合は、大きく手を上げてアピールしましょう。

 

あっこぷ
タクシーに乗車するときのイメージです!

 

続いて、バス・ステーションの様子をご紹介します。

 

駅のようになっているバス停(Bus Station)

 

シティからノースショア方面への特急路線「ノーザンエキスプレス」のバス停は、バス・ストップ(Bus Stop)ではなくバス・ステーション(Bus Station)と呼ばれています。

 

実際に、バス停の名前も「◯◯Station」と表記されており、先ほどと打って変わり見るからに駅のような出で立ちです

 

駅のような作りではありますが改札口などはなく、乗車料金はバスに乗車するときに支払うため、バスの到着ホームや待合室には誰でも無料で入れます

 

あっこぷ
日本でいう「バスターミナル」の感覚です。

 

有人のサービスコーナー

 

バス・ステーションには待合室や有人のカスタマーサービスセンターがあります。

カスタマーサービスセンターではAT HOPカードの購入や、乗り換えの相談などを行うことができます。

 

Top UPマシーンが設置

 

全ての駅にトップアップマシーンが設置されているため、AH HOPカードへの入金も簡単です。

しかし、AT HOPカードの発行はできないので、カスタマーサービスセンターや、街の取扱店で作る必要があります。

 

現在バスを利用する際は、AT HOPカードの発行が必須となります。

以前は現金でも支払いができましたが、コロナ対策として現金支払いが不可となりました。

 

公衆トイレも完備

 

バス・ステーションには公衆トイレも設置されています。

 

ニュージーランドの公衆トイレは無料で利用が可能

どこも比較的きれいで清潔なので安心です。

 

あっこぷ
日本ではあたりまえのことですが、ヨーロッパでは公衆トイレが有料なところも多いため、旅行者は驚かれるようです。

 

プラットホーム(バス専用レーン)

 

待合室を抜けると、まるでプラットホームのような長いレーンが。

 

この路線は、バス専用レーンを走行する特急路線ということもあり

一般車の侵入もないため、感覚的にも駅で電車を待っている気分になります。

 

 

バス・ステーションの電光掲示板は、ローカル路線に比べるとしっかりした作り。

合わせて、混雑情報や延着情報やなどもしっかりと表記されています。

 

 

バスがやってきました。

ちなみに、バス・ステーションでも乗車するときには手を上げてしっかりとアピールする必要があります。

 

あっこぷ
たくさんの人が待っていたので、「誰かがあげるだろう」と人任せにしていたら、普通に通り過ぎられた経験が(笑)

 

ちなみに

基本的に、バスは時間通りにきません

早くに到着した場合は時間調整のために待つことなく、そのまま出発してしまいます。

そのうえ、ローカル路線でありがちなのが、なぜか急にルートを変更したり、最悪来ないことさえも!(意味不明

バスを利用する際は、時間に余裕を持って、なるべく早めに出発することをおすすめします

 

 

さいごに|合わせて読みたい

 

以上、オークランドのバス停についての徹底考察でした!

 

あっこぷ
バスの利用時には手をあげること

そして、時間に余裕を持って利用することを忘れないようにしてくださいね。

 

次回(第三回)は、バスの乗車料金と乗車時に必要なICカード(AT HOPカード)について更新します。

 

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情③】2022年最新料金まとめ|現金不可!AT HOPカードが必要

  オークランドのバスについて徹底考察する連載。 第三回は、気になる乗車料金について。 乗車時に欠かせない専用ICカード「AT HOPカード」のメリットについても詳しく解説していきます。 & ...

続きを見る

 

過去記事もチェック!

 

▶︎るるぶ「ニュージーランド」(最新版)

 

ツイッターもフォロー!

※海外情報を毎日更新中!

 

---参考:Auckland Transport(AT)

情報は公式HPより引用しておりますが、最新情報等につきましては、ご自身でのご確認をお願い致します。

意見や感想等はライターの個人的主観となります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

☑︎CHECK

1

  ニュージーランドには、数多くのユニークなトイレが存在します。   今回は、その中でもMatakana(マタカナ)で発見したアーティスティックな公衆トイレと、その経緯について紹介 ...

2

  オークランドから車で南に2時間ほどのところにある、ワイカト地方の小さな街、"Matamata(マタマタ)" 街の郊外で、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の撮影が行われたことで有名となりま ...

3

  エコやオーガニックの先進国のニュージーランド。 最近はヨガでも注目されていることをご存知ですか? ナチュラリストが多いお国柄や、エシカルなライフスタイル、そして雄大な大自然と、ヨガに必要 ...

4

コスパという言葉が大好きな筆者。 同じものなら、なるべく安く手に入れたい! というわけで今回は、ニュージーランドで一番有名なディスカウントストア"Warehouse(ウェアハウス)"をご紹介です。 & ...

5

旅の楽しみの一つは、やっぱりショッピング! 自分用にもプレゼント用にも、可愛いお土産をGETしたいですよね。 そして、できることなら安く抑えたい... というわけで今回は、ニュージーランドお土産を安く ...

-トラベル
-, ,

© 2022 ニュージーランドのまるごと。