https://akiaora-media.com

歴史や遺産

【ロングベイ】第二次世界大戦中の要塞が残る、ヌーディストビーチ!?

2021-02-20

アバター

Akiko(あっこぷ )

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

 

オークランドのノースショアに位置するLong Bay(ロングベイ)は、土日ともなるとたくさんの人が訪れる大人気のビーチ

ビーチの端は切り立った崖になっており、海岸線が見渡せることもあって、第二次世界大戦時には日本軍の侵略を防ぐための要塞も築かれたほど。

そして、一部はヌーディストビーチとしても有名

そんな魅力溢れる、Long Bayを街の歴史とともにご紹介します

 

AKIko
Kia Ora! ライターのAkikoです。

情報過多なタイトル(笑)ですが、環境が厳しく保護されたとても美しいビーチです

ストレスリリースにぴったりな、私の秘密のおすすめスポットもご紹介します。

 

 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

シティからは車で40分程度

 

ロングベイへのアクセスは、オークランド・シティからハーバーブリッジを北上し、車で約40分程。

Torbay(トーベイ)を抜けると、到着です。

 

 

この場所には1850年代まで、マオリ族(ニュージーランドの先住民)の小さなコミュニティがありました。

1862年にVaughan(ヴォーン)という人が、マオリ族より600ヘクタールの土地を購入し、この広大な土地で羊を飼育していたそうです。

 

その後、1965年にAuckland Regional Council(オークランド地方議会)に土地を売却

その後、この場所は"Regional Park(リージョナルパーク)"として整備されました。

 

Regional Park(リージョナルパーク)とは

自然の美しさ、歴史的関心などから、国や地方自治体が整備し保護している公園のこと。

そのため、環境や自然が、厳しく管理されています。

 

現在、ロングベイ周辺は2014年より宅地開発が進行

新興住宅地が立ち並んでいますが、新しい街ということもあり、レストランやショッピングをするスポットが少ないです

そのため、必要なものを購入したり、食事をするのであれば、Torbay(トーベイ)への立ち寄りをオススメします。

 

ロングベイへ到着!

 

ロングベイへの入り口に到着しました。

ビーチまでは高低差があり、こちらから階段や坂道を下っていきます。

 

 

ロングベイの由来は、名の通り、長いビーチから。

真っ直ぐ伸びる海岸線は、高台からの見晴らしがとても良いです

 

第二次世界大戦時に作られた要塞

 

その見晴らしの良さから、第二次世界大戦時には、日本軍からの侵略を防ぐための要塞も築かれました。

要塞は、現在も当時の姿のまま遺跡が残されています

 

 

こちらが、その要塞。

要塞内には、入ることも可能。

 

 

中の様子はこんな感じ。

落書がたくさんあり、どうやら地元の若者の溜まり場になっているよう。

 

 

要塞からの景色です。

確かに、しっかりと海岸線が確認できます。

 

ちなみにこの場所には、私のオススメスポットがあるので、特別に紹介しちゃいます

 

秘密のスポット、教えます!

 

それは、ここ

海岸を見渡すことができる、秘密のビュースポット

 

 

コンクリートで作られたこの石席。

お尻がちょっと冷たそう?

しかし、ここから見える景色は...

 

 

ジャーン!

まるで、絵画のような美しさ...!

 

ここでのんびりするのがお気に入りですが、長く座るとお尻が痛くなってしまうのが悩みです(笑)

 

AKIko
実は、この写真を撮ったあとすぐに、訪問者が

その方は、本を読んでいらっしゃいました。

秘密の場所は、どうやら有名だったよう

 

環境を厳しく管理

 

ロングベイはRegional Park(リージョナルパーク)

そのため、環境が厳しく管理されており、宅地開発なども行うことができません

 

実は、住宅不足にあるオークランドは、ロングベイの周辺にも、宅地開発を試みました。

 

しかし、2008年に環境裁判所の判決によって、環境保全のため周辺の農地エリアが保護されたため、開発が不可に。

そのため、新興住宅地は、ビーチエリアから少し離れた場所に作られています

 

2013年のロングベイの人口は、わずか183

しかし、宅地開発が行われた2014年ごろから人口が増え始め、2018年の国勢調査では1365人と、なんと646%も増加!

414世帯が移住し、そのうちの約半数(49.5%)アジア系移民だそうです。

 

 

公園はトレッキングも人気。

沢山の珍しい動物や鳥などに出会うことができます。

 

名前の通り、ながーいビーチ!

 

さて、ビーチにやってきました。

干潮時だったので、潮が引いています。

 

 

名前の通り、長〜いビーチ!

この日は平日だったため、人はまばらですが、週末になると沢山の人で賑わいます。

特にファミリーに人気とのこと

理由は後ほど説明します。

 

 

見えているのは、先ほど紹介した要塞のある崖。

かなり、高さがありますね。

 

ファミリーに人気な遠浅のビーチ

 

ロングベイがファミリーに人気な理由。

それはこの、遠浅のビーチなんです

 

じゃぶじゃぶと遊べるので、子供達にも安全です。

 

 

この日は少し寒かったので、泳いでいる人はいませんでした。

水も透き通って、きれいです。

 

公園には無料のBBQも設置されていて、まさにファミリーレジャーに最適!

しかし、一つだけ気をつけないといけない(?)ことが...

 

実は...

ビーチの北側は、ヌーディストビーチ

そう!男性も女性も、生まれたままの姿で自然を楽しんでいます

ファミリーで行く場合は、お子様がびっくりしないよう、ご注意(?)を!

 

AKIko
ちなみに、ニュージーランドのヌーディストビーチはここだけではありません

調べてみると、オークランドだけでも10以上

ナチュラリストが多い、お国柄もあるのでしょうか。

 

YouTubeはこちら

 

ロングベイの散策動画はYouTubeにもupしました!

ぜひ、記事と合わせてご覧ください

 

動画▶︎【ニュージーランド】美しいロングベイVlog!戦争中に日本軍侵略を防ぐ要塞も発見!

 

最後に|合わせて読みたい

 

以上、魅力溢れる、ロングベイのご紹介でした。

美しい海岸線は、のんびり散歩するだけで癒されます。

ニュージーランドを訪れた際は、ぜひ訪れてみてくださいね!

 

 

ツイッターもフォロー!

※海外情報を毎日更新中!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

Akiko(あっこぷ )

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

-歴史や遺産
-, ,

© 2021 A Kia Ora Auckland