https://akiaora-media.com

トラベル

【オークランドのバス事情④】AT HOPカードの購入方法|実際の購入場面もお見せします

2022-06-17

akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

 

オークランドのバスについて徹底考察する連載。

第四回は、乗車時に欠かせない専用ICカード「AT HOPカード」の購入方法について。

コロナ渦以降は乗車料金の現金払いができないため、バスをはじめとした公共交通機関の利用時には必須となります。

作り方はとっても簡単なので、一緒に確認していきましょう。

 

あっこぷ
Kia Ora! オークランド在住のあっこぷです。

AT HOPカードで支払うと料金も割引に。

数日滞在の旅行者でも十分恩恵が受けられますよ。

 

前回までの記事もCheck!

 

▶︎地球の歩き方 ニュージーランド '20~21

 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

 

AT カードの購入方法

 

ATカードの購入方法は3パターン

 

購入できる場所

街の商店(デイリーなど)

大きな駅(鉄道・バス停)

オンライン発行

 

残念ながら、自動券売機では発行できないので、有人販売所に行く必要があります。

個人商店の場合は閉店時間が早いため、注意が必要です。

 

オンラインでも発行できますが、発送はニュージーランド国内のみに限られます。

▶︎AT HOPカードオンライン発行ページ(英語)

 

あっこぷ
オンラインは発行まで時間を要します。

ニュージーランドは郵便物が届かないトラブルも多いので、個人的には窓口での購入をオススメします。

 

駅で購入の場合

オークランドの中央駅「ブリトマート駅」

 

一番簡単なのが、駅で購入する方法です。

自動券売機では販売していないので、有人のサービスカウンターで発行します。

窓口にて「AT HOPカードが欲しい」と伝えると、すぐに発行してくれます。

 

全ての駅に設置されておらず、大きな駅でのみの取り扱いとなります。

 

ノーザンエキスプレスのバス停はまるで鉄道駅のよう!

 

サービウスカウンターは鉄道駅だけでなく、バス停にも設置されています。

 

こちらもステーションと呼ばれる大きなバス停に限られており、土日はクローズしている場所もあります。

 

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情②】バス停を徹底解剖!駅のような作りって本当?

乗り物オタクの筆者がオークランドのバスを徹底考察する連載。 第二回は「バス停」について徹底解剖! オークランドのバス停は大きく分けて二種類あり、知っておかなければならないローカルルールも存在。 写真付 ...

続きを見る

 

街の商店で購入の場合

 

AT HOPカードは駅だけでなく、街の商店(デイリーなど)でも購入ができます。

滞在先が市内や駅から離れている場合は、商店で購入するほうが簡単です。

 

あっこぷ
私も町の商店で購入しました!

 

AT HOPカードの取扱店は、Auckland Transport(AT)のWEBサイトから確認ができます。

営業時間も掲載されているので、必ず先に確認しておきましょう。

▶︎AT HOP カード販売所MAP(英語)

 

AT HOPカード購入の様子(商店)

 

ATカードにはカード型タグ型2種類があります。

車社会のニュージーランドでは車の鍵を持ち歩く人が多いので、一緒に取り付けられるタグ型が人気だそうです。

 

あっこぷ
私はカードが良かったのでカードを選びました。

 

初回発行手数料は10ドル

クレジットカードも使用可能です。

 

ちなみに私が購入した店舗では、現金またはニュージーランドの銀行が発行するデビットカード(エフトポス)でしか支払いができませんでした。

駅での購入はクレジットカードでも支払い可能のようです。

 

発行時にいくらトップアップするか聞かれたので、どりあえず$10をお願いしました。

 

あっこぷ
ニュージーランドでは「チャージ」のことを「トップアップ(Top up)」と言います。

 

日本ではチャージ金額より下回った場合は下車ができない仕組みになっていますが、こちらでは残高がネガティブ(マイナス)で記録され、いわゆる借金が可能です。

この借金は、後でトップアップマシーンでチャージすることで簡単に支払えます。

 

そのため、いくら使用するか決まっていない場合は、少ない金額で充分です。

 

オークランドのバス乗車料金はこちらにまとめています

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情③】2022年最新料金まとめ|現金不可!AT HOPカードが必要

  オークランドのバスについて徹底考察する連載。 第三回は、気になる乗車料金について。 乗車時に欠かせない専用ICカード「AT HOPカード」のメリットについても詳しく解説していきます。 & ...

続きを見る

 

このように、名前の登録や身分証の提示は必要なく簡単に買うことができました

購入後はすぐに利用できます。

 

旅行者にオススメのAT HOPカード販売所

オークランドの中央駅!シティのど真ん中にあります

 

到着直後であったり、慣れない旅行者であれば、オークランドシティにある中央駅「ブリトマート駅」での購入がオススメです。

 

有人のサービスカウンターも多く、観光客も多いため駅員さんも慣れておりスムーズ。

トップアップマシーンも併設されています。

 

ブリトマート駅の場所

住所:Britomart Transport Centre, 8-10 Queen Street, Auckland Central

営業時間:Monday - Friday: 6:30am - 8pm; Saturday: 8am - 7pm; Sunday & public holidays: 8am - 6pm

 

トップアップは専用マシーンで

 

AT HOPカードを購入してしまえば、トップアップは簡単です。

 

トップアップは、ステーションと呼ばれる大きなバス停や駅にあるトップアップマシーン、またはオンライン上でも行えます。

上限300ドルまで行えますが、先ほども説明した通り支払い料金の「借金」ができ、下車時に乗車料金がチャージ金額を下回るとマイナスで記録され、後日チャージすることがも可能です。

 

そのため、必要以上に多く入金する必要はないでしょう。

 

60日間以上利用がないと、入金金額がゼロになってしまうのでご注意を!

 

オンラインではオートトップアップの設定も可能です。

▶︎AT HOPカードのトップアップページ(英語)

 

最後に|あわせて読みたい

 

以上、AT HOPカードの購入方法についてでしたがいかがでしたでしょうか。

とても簡単に作ることができるので、ぜひトライしてみてください。

 

次回はトップアップ方法を詳しく解説します。

 



過去記事もチェック!

 



ツイッターもフォロー!

※海外情報を毎日更新中!

---参考:Auckland Transport(AT)英語

情報は公式HPより引用しておりますが、最新情報等につきましては、ご自身でのご確認をお願い致します。

意見や感想等はライターの個人的主観となります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

☑︎CHECK

1

  ニュージーランドには、数多くのユニークなトイレが存在します。   今回は、その中でもMatakana(マタカナ)で発見したアーティスティックな公衆トイレと、その経緯について紹介 ...

2

  オークランドから車で南に2時間ほどのところにある、ワイカト地方の小さな街、"Matamata(マタマタ)" 街の郊外で、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の撮影が行われたことで有名となりま ...

3

  エコやオーガニックの先進国のニュージーランド。 最近はヨガでも注目されていることをご存知ですか? ナチュラリストが多いお国柄や、エシカルなライフスタイル、そして雄大な大自然と、ヨガに必要 ...

4

コスパという言葉が大好きな筆者。 同じものなら、なるべく安く手に入れたい! というわけで今回は、ニュージーランドで一番有名なディスカウントストア"Warehouse(ウェアハウス)"をご紹介です。 & ...

5

旅の楽しみの一つは、やっぱりショッピング! 自分用にもプレゼント用にも、可愛いお土産をGETしたいですよね。 そして、できることなら安く抑えたい... というわけで今回は、ニュージーランドお土産を安く ...

-トラベル
-, ,

© 2022 ニュージーランドのまるごと