トラベル

【オークランドのバス事情⑤】写真で解説!AT HOPカードのトップアップ方法

2022-07-17

https://akiaora-media.com

akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

 

第五回はオークランドのバス・電車乗車時に欠かせない「AT HOPカード」のチャージ方法について。

AT HOPカードへのチャージは「トップアップ」と言い、トップアップマシーンで簡単に行えます。

実際の画面とともに、詳しく解説していきます。

 

あっこぷ
Kia Ora! オークランド在住のあっこぷです。

写真多めなので英語が苦手な方はぜひ参考にどうぞ!

 

前回までの記事もCheck!

 



 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

トップアップ方法は二種類

 

AT HOPカードのトップアップの方法は二種類

 

トップアップ方法

・トップアップマシーン

・オンライン

 

オンラインでの入金はこちらより行えますが、事前にMyATアカウントの作成が必要です。

▶︎AT HOP online top up

 

あっこぷ
今回はトップアップマシーンでの方法を詳しく解説していきます。

 

これがトップアップマシーンだ!

 

トップアップマシーンはその名の通りトップアップができるマシーン。

ステーションと呼ばれる大きなバス停や、電車駅に設置されています。

 

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情②】バス停を徹底解剖!駅のような作りって本当?

乗り物オタクの筆者がオークランドのバスを徹底考察する連載。 第二回は「バス停」について徹底解剖! オークランドのバス停は大きく分けて二種類あり、知っておかなければならないローカルルールも存在。 写真付 ...

続きを見る

 

 

 

バスの料金は乗車時に直接行い*ますが、電車は切符での利用となるため、電車駅には切符が購入できる「Ticket and AT HOP Top up」が設置されています。

 

(*)コロナ禍で現在は現金支払いが不可となり、バス乗車にはAT HOPカード必須となります。

 

AT HOPカードの発行は残念ながらトップアップマシーンでは行えません

有人のサービスカウンターに行く必要があります。

 

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情④】AT HOPカードの購入方法|実際の購入場面もお見せします

  オークランドのバスについて徹底考察する連載。 第四回は、乗車時に欠かせない専用ICカード「AT HOPカード」の購入方法について。 コロナ渦以降は乗車料金の現金払いができないため、バスを ...

続きを見る

 

それでは、トップアップ方法を見ていきましょう

 

トップアップマシーンでのトップアップ方法

 

デフォルト(最初)の画面がこちら。

電車駅にある券売機のため「Purchas ticket」表記が出ていますが、バス停のマシーンはこのサインはありません。

 

あっこぷ
Purchas ticket」は電車の切符を買うボタンです。

 

 

上の画面を確認したら、ホップカードリーダーにそのままカードを置きます。

 

あっこぷ
差し込むのではなく、置くのがポイント。

 

 

カードを置くとこんな感じ。

 

最初は「これでいいのかな?」と不安になりますが、すぐに画面が反応。

切り替わった画面がこちら。

 

 

一つづつボタンの説明をします。

 

Monthly B/T バス・電車共通の定期券
inner Fetty Monthly 近距離フェリーとバス・電車共通の定期券
Mid Fetty Monthly 中距離フェリーとバス・電車共通の定期券
Outer Fetty Monthly 長距離フェリーとバス・電車共通の定期券
HOP money top up AT HOPカードへのトップアップ
HOP money datails AT HOPカードの残高照会

 

トップアップは赤字の「HOP money top up」です。

 

 

この左下にあるボタンですね。

押すと入金金額の画面に切り替わります。

 

 

最低チャージ金額は$10から。

入金したい金額をタッチします。

 

ちなみにBalance(バランス)は現在のカード残金のこと。

このカードには$11.63が残っているという意味です。

 

AT HOPカードはカード利用後に60日間使用がなければ自動的に残金が全て無効となります。

日本では残金が足りなかった場合は下車することができませんが、こちらではマイナスで記録され、後日トップアップでの返済が可能なため、必要な分だけのトップアップをおすすめします。

 

 

今回は$10をチャージ。

タッチをするとHow wold you pay(どのように支払いますか?)という画面に切り替わりました。

 

$11.63に$10をトップアップすることで、合計残金が$21.63となることを確認します。

 

支払い方法は

Cash(現金)

Bank Card

の二種類があります。

 

クレジットカードで支払う場合は「Bank Card」を選択します。

 

あっこぷ
キャッシュレス大国のニュージーランドですが、クレジットカードはあまり普及しておらず、銀行で発行されるデビットカード「エフトポス」を使用する人がほとんど。

そのため「バンクカード」という表記となっています。

 

クレジットカードでの支払い方法

 

バンク・カードにタッチします。

 

 

Please follow instructions on the bank card reader screen(バンクカードリーダーのスクリーンの説明を参照してください)」の表記が出ました。

 

 

バンクカードリーダーとは、画面の右横にあるマシンのことです。

現金またはカードの支払いは、ここから行います。

 

 

表示画面にはVISAとマスターのみの表記でしたが、カードリーダーにはアメックスとダイナースの表記も。

 

あっこぷ
クレジットカードマニアの筆者。JCBが試せるのかという好奇心がムクムク...

 

ちなみに近年アメックスはJCBと提携しているので、アメックスが使える場所ではJCBも使えることがほとんどです。

 

 

Tapまたは差し込んでくださいと表記がでました。

 

タッチ決済(ペイウエーブ)も可能ですが、今回使用したカードはペイウエーブが付いていなかったので、差し込みます。

 

あっこぷ
もちろん、JCBでトライ!

 

 

1.CHQ(チェック)

2.SAV(セービング)

3.CRD(クレジット)

 

と表記が出てきたので、クレジットの場合はボタン3を押します。(エフトポスの場合は2のセービングを選択)

その後、PINナンバー(暗証番号)の入力を行います。

 

ペイウエーブを利用した場合は自動で処理となります

 

 

please waitの画面から、approvedに切り替われば完了です。

というわけで、JCBでもちゃんと決済ができました!

 

あっこぷ
個人的にも日本発のクレジットカードであるJCB推しなので嬉しい!

日々JCBの発展にいそしんでいますが、まわしものではありません(笑)

 

AT HOPカードの残金の調べ方

 

きちんとチャージされたのか確かめたい場合の確認方法です。

まずは、カードを台の上に置きます。

 

 

先ほどの画面に切り替わります。

今度は右下の「Hop card detalis」をタップします。

 

 

Show my HOP card details」という画面に切り替わりました、

 

こちらでは残金の他にも

カードID

カードタイプ

自動入金設定の有無

 

も確認することができます。

 

確認後は、キャンセルを押して終了です

 

さいごに|合わせて読みたい

 

というわけで今回は、トップアップマシンでのチャージ方法のご紹介でしたがいかができたでしょうか。

 

操作もシンプルなので、英語が苦手な人も簡単に操作できます。

慣れるととっても簡単なので、ぜひ試してみてください。

 

次回は、実際のバスの乗り方をレクチャーします!

 

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情⑥】バスの乗り方や知っておきたい注意点(ローカルルール)まとめ

  オークランドのバスについて考察する連載第六回。 今回はバスの乗り方についてです。   日本でも地域によって前払いや後払いと違っていたり戸惑うことが多いバス。 オークランドのバス ...

続きを見る

 



前回までの記事もCheck!


▶︎【Amazon】英語力ゼロの29歳がニュージーランドに移住したら

 

 

ツイッターもフォロー!

※海外情報を毎日更新中!

---参考:Auckland Transport

情報は公式HPより引用しておりますが、最新情報等につきましては、ご自身でのご確認をお願い致します。

意見や感想等はライターの個人的主観となります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

☑︎CHECK

-トラベル
-,

© 2022 ニュージーランドのまるごと