https://akiaora-media.com

ビューティー

【ecostore】エコストアのボディーソープでエシカルに暮らす【口コミレビュー】

2021-03-28

akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

 

ecostore(エコストア)は環境意識の高いニュージーランド生まれの、ナチュラル・トータルケアブランド。

 

本国では、発売当初からエコ意識の高いキウイ(ニュージーランド人)から支持を集め、サスティナブルブランドとしての地位を確立

スーパーでも見かけるほどメジャーなブランドです。

 

シンプルでオシャレなパッケージは、置くだけでカワイイ!と、日本でもSNSを中心に大人気

デザイン性の高さだけでなく、容器は全てが再生可能なエコフレンドリー

エシカルな暮らしに取り入れたいものの一つです。

 

今回は、前から気になっていたボディウォッシュを使ってみたので、その使用感をご紹介。

そして、本国ニュージーランドではどのくらいの値段で販売されているのかも調べてみました。

ecostore(エコストア)に興味がある方は、ぜひチェックしてくださいね。

 

あっこぷ
Kia Ora! ライターのAkikoです。

洗濯洗剤が有名なecostore(エコストア)ですが、実はボディケア用品も優秀なんですよ!

 

 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

 

ecostore(エコストア)とは?

 

"ecostore(エコストア)"は自然豊かなニュージーランド生まれの、ナチュラル・トータルケアブランド。

自然由来の原材料を使用し、家庭用洗剤やボディケア&ベビーケア製品などを取り扱っており、エコでサスティナブル(持続可能)な暮らしを提案しています。

 

ニュージーランド発のグローバルブランド

 

ecostore(エコストア)は、1993年にニュージーランド北島の小さなエコビレッジでマルコム&メラニーランズ夫妻が立ち上げました。

1997年には、オークランドに移転し直営店をオープン。

その後、2004年にオーストラリア、2009年にはアメリカに上陸。

2014年からは中国・シンガポール・台湾、そして日本などでも販売を始め、現在はニュージーランドを代表するワールドワイドなブランドとなっています。

 

製品も容器もエコフレンドリー

 

エコストアの商品は、全てオークランドのcarbon zero certified factoryの自社工場で生産しています。

プロダクトは容器を含めて、全てエコフレンドリー。

使用しているプラスチック容器は、全て再生可能なサトウキビ由来のもので、100%リサイクル可能です。

 

数々の賞を受賞

エコストアは企業として環境への配慮意識の高さが認められ

sustainable business award

Green ribbon award

などを受賞しています。

 

ボディーソープの成分は?

 

洗濯用洗剤で有名なエコストアですが、今回筆者が手にしたのはBody Wash(ボディーソープ)

本場ニュージーランドでも人気商品の一つです。

 

商品名:"Rose & Geranium Body Wash(Replenish With hydrating harakeke(ローズ& ゼラニウム ボディーウォッシュ with ハラケケ)"

価格:400ml 858円(税込)

▶︎商品を見る

 

あっこぷ
価格帯は、比較的お手頃です。

 

harakeke(ハラケケ)はニュージーランドが原産の多年草。

高い保湿力と殺菌作用を持ち、アロエのような効能があるそう。

最近では、韓国コスメにもよく取り入れられている注目成分です。

 

ちなみに、hydrating水分補給Replenish満たすという意味です。

 

公式サイトではプロダクツの全成分をチェックできます

 

【全成分】
水、ココアルキル硫酸Na、ヤシ油アルキルグルコシド、デシルグルコシド、ラウロアンホ酢酸Na、ニューサイラン葉エキス、グリセリン、ベタイン、オレイン酸グリセリル、ヒドロキシプロピルグアーガム、グルタミン酸ジ酢酸4Na、クエン酸、塩化Na、デヒドロ酢酸、ベンジルアルコール、香料

--公式サイトより引用

 

あっこぷ
赤ちゃんでも安心して使えますね。

 

シンプルなデザインはインテリアとしても◎

 

シンプル&クリーンなボトルは、とってもおしゃれ!

バスルームのインテリアとしても可愛い。

もちろんボトルは、サスティナブルボトルです。

 

 

キャップは片側を押すと、ポンっと上がるタイプ。

楽々ですが、ちょっと硬めかな。

 

香りは少し、草感強め

 

手にとってみるとこんな感じ。

トロッとしたテクスチャーで、シャワージェルのような感じです。

 

あっこぷ
海外のホテルのアメニティで見かけるあの感じ!

 

香りは草感(ゼラニウム感)が強め

ローズを想像していたので、ちょっとびっくり。

けれど、スッキリ・サッパリとした香りなので、ユニセックスで使えます

 

泡立ちはそこそこ

 

ちなみに泡はあまり立たず、サラサラした印象

正直、モコモコ、アワアワにはなりません。

スポンジやタオルを使うより、手で洗う方がオススメです。

 

洗い上がりは、さっぱり系!

匂いはあまり残らない感じです。

 

エコストアのニュージーランドでの価格は?

 

日本でのボディウォッシュの販売価格は858円(税込)ですが、本場ニュージーランドでの販売価格はいくらなのでしょう

というわけで、ニュージーランドでの販売価格をチェックしてみました!

 

商品名:"Rose & Geranium Body Wash(Replenish With hydrating harakeke(ローズ& ゼラニウム ボディーウォッシュ with ハラケケ)"

日本858円

ニュージーランド:$7.99 (約609円)

※レートは本日(1NZD 76円)換算

 

日本での販売価格と、思ったより違いはありませんでした

むしろ、輸入品にしては良心的な設定です。

 

あっこぷ
ニュージーランドお土産として、本国で買って帰るのはコスパが悪いかもしれません。

特に洗剤やボディソープなどの重たいものは、日本で購入する方が、断然楽そうです。

 

製品は、全てニュージーランドで製造されたものが直輸入されており、クオリティは全く同じです。

 

エコストアはどこで買えるの?

 

"esostore(エコストア)"の日本の代理店はジェラートピケコスメキッチンを販売するマッシュグループ。

そのため、コスメキッチンの店舗ではほぼ全てのラインを購入することができます。

 

オンライン購入も可能!

コスメキッチン オンラインからもオーダーが可能。

オンラインでは、定期的にセールも行われており、ポイントも貯まります。

5000円以上で送料が無料です。

▶︎コスメキッチン オンライン公式サイト


 

ちなみにAmazon楽天でも購入が可能。

公式が出店しているため、安心です。

 

どちらがお得?

送料はAmazon2000円以上無料(またはアマゾンプレミアム会員の場合は無料)

楽天3000円以上無料となります。

 

少量での購入はならAmazonがお得。

ポイントを貯めている方は、楽天がお得です。

 

 

 

最後に|合わせて読みたい

 

以上、ecostore(エコストア)ローズ&ゼラニウム ボディウォシュのご紹介でした!

お洒落なボトルデザインと、心地よい使用感で、スッキリさっぱり!

個人的には、とてもオススメ

ecostore(エコストア)の製品を使うことで、気軽にエシカル消費を取り入れてみてはいかがでしょうか

 

 

---引用:エコストア(コスメキッチンHP内)


 

ツイッターもフォロー!

※海外情報を毎日更新中!

 

情報は公式HPより引用しておりますが、最新情報等につきましては、ご自身でのご確認をお願い致します。

意見や感想等はライターの個人的主観となります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

☑︎CHECK

1

  ニュージーランドには、数多くのユニークなトイレが存在します。   今回は、その中でもMatakana(マタカナ)で発見したアーティスティックな公衆トイレと、その経緯について紹介 ...

2

  オークランドから車で南に2時間ほどのところにある、ワイカト地方の小さな街、"Matamata(マタマタ)" 街の郊外で、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の撮影が行われたことで有名となりま ...

3

  エコやオーガニックの先進国のニュージーランド。 最近はヨガでも注目されていることをご存知ですか? ナチュラリストが多いお国柄や、エシカルなライフスタイル、そして雄大な大自然と、ヨガに必要 ...

4

コスパという言葉が大好きな筆者。 同じものなら、なるべく安く手に入れたい! というわけで今回は、ニュージーランドで一番有名なディスカウントストア"Warehouse(ウェアハウス)"をご紹介です。 & ...

5

旅の楽しみの一つは、やっぱりショッピング! 自分用にもプレゼント用にも、可愛いお土産をGETしたいですよね。 そして、できることなら安く抑えたい... というわけで今回は、ニュージーランドお土産を安く ...

-ビューティー
-, , , , ,

© 2022 ニュージーランドのまるごと