トラベル

【オークランドのバス事情③】2022年最新料金まとめ|現金不可!AT HOPカードが必要

2022-04-25

akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

 

オークランドのバスについて徹底考察する連載。

第三回は、気になる乗車料金について。

乗車時に欠かせない専用ICカード「AT HOPカード」のメリットについても詳しく解説していきます。

 

あっこぷ
Kia Ora! オークランド在住のあっこぷです。

車を持っていない場合、バスは必ずお世話になる存在

今回は、最新の料金体系を詳しく紹介していきます!

前回までの記事!

 


 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

料金はゾーン制

 

オークランドの公共交通機関(バス・電車)は、乗る距離によって金額が変わるゾーン制を採択しています。

 

現在、現金料金が適用されるのは電車の切符(1回乗車券)、AT HOPカードにて同乗者の料金を支払う時(HOP Money)のみです。

 

現金料金 AH HOP料金 学生料金(学生登録必須)
ZONE1 $4 $2.20 $1.70
ZONE2 $6 $3.90 $2.97
ZONE3 $8 $5.40 $4.16
ZONE4 $10 $6.80 $5.25
ZONE5 $11.50 $8 $6.34
ZONE6 - $9.20 $.7.30
ZONE7 - $10.40 $8.10
ZONE8 - $11.60 $8.70
ZONE9 - $12.60 $9.00

※2022年3月現在

※子供料金は大人料金の約半額です(詳しくはこちら

 

この他に、定期券もあります。

 

Bus and train monthly pass バスと電車に1ヶ月乗り放題。全てのゾーンで使用可能 $215
Ferry Inner monthly pass Devonport, Bayswater, Northcote Point and Birkenheadフェリーと同じゾーン内の電車とバスが1ヶ月乗り放題 $165
Ferry Mid monthly pass Half Moon Bay, Beach Haven, Hobsonville and West Harbourフェリーと同じゾーン内の電車とバスが1ヶ月乗り放題 $265
Ferry Outer monthly pass Gulf Harbour and Pine Harbourフェリーと同じゾーン内の電車とバスが1ヶ月乗り放題 $345

 

定期券として利用する場合はAT HOPカードを定期券登録する必要があります。

 

料金の支払いはAT HOPカードのみ(現金不可)

 

乗車料金はバスで直接支払います。

以前は現金でも支払えましたが、コロナの影響により現金での支払いが不可となり

専用のICカード「AT HOPカード」でのみ行えます。

 

Cash payments are not available on buses.

If you're travelling with someone without an AT HOP card on a train or a bus, you can also use your HOP Money to buy a paper ticket for them. Full cash fare price applies.

バスでは現金での支払いはできません

電車やバスでATHOPカードを持っていない人と一緒に旅行している場合は、HOPMoney(AT HOPカードにチャージされている金額)を使用してその人の紙の切符を購入することもできます。全額現金運賃が適用されます。

--https://at.govt.nz/bus-train-ferry/fares-discounts/bus-train-fares/

(ATのサイトより引用:筆者翻訳)

 

ただし、AT HOPカードのチャージされているお金を「HOPMoney」として利用し、他の人の切符を購入は可能

そのため、グループうちの一人がAT HOPカードをもっていれば全員分精算できますが、HOPMoneyとして使用する場合は、現金料金が適用されて割高になるので注意が必要です。

 

あっこぷ
ちなみに、現金払いだとかなり割高になるため、コロナ以前からほとんどのオークランダーがAT HOPカードを利用

もともと現金払いで利用する人が少なく、筆者もお釣りがないという理由で、コロナ前に現金払いを断られた経験があります

 

コロナ後に現金払いできるようになるのかは今のところ未定。

キャッシュレス先進国ということもあり、今後は現金を受け付けない可能性も大いにあります。

 

AT HOPカードを作るのは10ドルかかる

 

AT HOPカードには$10ドルの初回発行手数料が必要です。

返却時などにリファウンドされる制度はなく、手数料として徴収されます。

 

しかし、現金で乗車するより3割〜5割近く安くなり、数回乗るだけで元がとれるので旅行者も充分に恩恵を受けることができます

加えて、AT HOPカードを利用することで、以下の特典も適用されます。

 

シティリンクが無料に

 

市内を周遊するシティリンク(赤いバス)は通常一律$0.60ですが、他のバスからの乗り換えの場合は無料となります。

バスを乗り継ぐ場合も、AT HOPカードが自動で計算し最安料金をチャージしてくれるので便利です。

 

20ドルのデイリーキャップ

 

AT HOPカードには、1日$20のデイリーキャップがかけられています。

そのため、1日に$20以上はチャージされることはありません。

つまりは、1日$20で自動的に電車・バス・フェリーが乗り放題になるということです。


 

空いている時間帯は10%オフに

 

ATにはTravel off-peak for a 10% discount という制度があります。

これは、オフピークの時間帯を利用することで10%オフになる制度です。

 

Complete your journey by travelling with an AT HOP card before 6am, between 9am to 3pm, and after 6.30pm until end of service on weekdays, and all day on weekends and public holidays. You must tag on during one of these periods for the discount to be applied.

午前6時前、午前9時から午後3時、午後6時30分以降、平日はサービス終了まで、週末と祝日は終日、AT HOPカードを持って旅行を完了してください。割引を適用するには、これらの期間のいずれかにタグを付ける必要があります。

--https://at.govt.nz/bus-train-ferry/fares-discounts/bus-train-fares/
(AT HOP公式HPより)

 

最後に|合わせて読みたい

 

以上、今回はオークランドの交通の最新料金についてでしたがいかがでしたでしょうか。

AH HOPカードはオークランドに住むのであれば必要不可欠なカード

キャッシュレス先進国ということもあり、今後現金払いが戻ってくるのは考えにくいので、少しでも滞在するのであればさっさと作ってしまいましょう。

 

次回(第四回)は、AT HOPカードの作り方について更新します。

 

過去記事もチェック!



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

☑︎CHECK

1

  ニュージーランドには、数多くのユニークなトイレが存在します。   今回は、その中でもMatakana(マタカナ)で発見したアーティスティックな公衆トイレと、その経緯について紹介 ...

2

  オークランドから車で南に2時間ほどのところにある、ワイカト地方の小さな街、"Matamata(マタマタ)" 街の郊外で、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の撮影が行われたことで有名となりま ...

3

  エコやオーガニックの先進国のニュージーランド。 最近はヨガでも注目されていることをご存知ですか? ナチュラリストが多いお国柄や、エシカルなライフスタイル、そして雄大な大自然と、ヨガに必要 ...

4

コスパという言葉が大好きな筆者。 同じものなら、なるべく安く手に入れたい! というわけで今回は、ニュージーランドで一番有名なディスカウントストア"Warehouse(ウェアハウス)"をご紹介です。 & ...

5

旅の楽しみの一つは、やっぱりショッピング! 自分用にもプレゼント用にも、可愛いお土産をGETしたいですよね。 そして、できることなら安く抑えたい... というわけで今回は、ニュージーランドお土産を安く ...

-トラベル
-, ,

© 2022 ニュージーランドのまるごと。