トラベル

【オークランドのバス事情⑥】バスの乗り方や知っておきたい注意点(ローカルルール)まとめ

2022-07-18

https://akiaora-media.com

akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

 

オークランドのバスについて考察する連載第六回。

今回はバスの乗り方についてです。

 

日本でも地域によって前払いや後払いと違っていたり戸惑うことが多いバス。

オークランドのバスにも乗車時や下車時に気をつけたいローカルルールがたくさんあります。

見知らぬ土地で困らぬよう、先にしっかりチェックしておきしょう!

 

あっこぷ
Kia Ora!オークランド在住のあっこぷです。

私も初めての利用時はかなり戸惑ったので、先に知っておきたかったことを中心に詳しくまとめています。

写真も多めなので、ぜひ参考にされてください。

 

前回までの記事もCheck!

 

あっこぷ
記事の内容はYouTubeでも更新しています!

合わせてご覧ください。

 

\YouTubeでもチェック/

▶︎【ニュージーランド】オークランドのバスに乗ってみた!AT HOPカードの購入方法は?

 



 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

乗るときは必ず手を上げてアピール

 

バスを待つときに注意することは、バスが到着した際に必ず手を上げてアピールすること。

乗る意思を表さなければ、平気で素通りされるのでご注意を

 

あっこぷ
人が沢山いるから大丈夫だろう高を括っていたら、そのまま素通りしていきみんなで慌てて止めたなんて話も聞きます!

 

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情②】バス停を徹底解剖!駅のような作りって本当?

乗り物オタクの筆者がオークランドのバスを徹底考察する連載。 第二回は「バス停」について徹底解剖! オークランドのバス停は大きく分けて二種類あり、知っておかなければならないローカルルールも存在。 写真付 ...

続きを見る

 

バスへの乗車は、運転手側の扉から行います。

乗るとき降りるとき、両方にAT HOPカードのタッチが必要です。

 

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情④】AT HOPカードの購入方法|実際の購入場面もお見せします

  オークランドのバスについて徹底考察する連載。 第四回は、乗車時に欠かせない専用ICカード「AT HOPカード」の購入方法について。 コロナ渦以降は乗車料金の現金払いができないため、バスを ...

続きを見る

 

乗るときも降りるときもタッチが必要

 

乗車するとすぐ右側にタッチリーダーがあります。

タッチすると「ピピッ」という音がするので、音を必ず確認して乗車します。

 

タッチを忘れると、ゾーン3の料金を徴収されるのでご注意ください。

 

そして忘れてはいけないのが挨拶。

ニュージーランドではバスに乗りる時と降りるときに、かならず運転手さんに挨拶をします

 

あっこぷ
挨拶は「ハイ!」でOK!

 

黙って乗り込むのは、礼儀のない印象を持たれてしますので郷に行っては郷に従え、必ず行いましょう。

 

あっこぷ
特にアジア人は黙って乗り込むことで有名です。

汚名を返上するためにも恥ずかしがらずにニコッと挨拶です!

 

車内の様子はこんな感じ

 

ローカルバスの車内はこんな感じ。

なんとなく空港のトランジットバスのような雰囲気があります。

 

 

ダブルデッカー(二階建てバス)の二階だとこんな感じ。

かなり高さがあるので、見晴らしが良く観光気分です。

 

 

特に一番前の席に座ると視界が抜群!

まるで宙に浮いているかのような感覚です。

 

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情①】交通機関はバスが中心!路線の特徴もまとめました

  オークランドの公共交通機関はバスが中心。 ワーキングホリデーや留学などでは必ずお世話になり、観光客でも利用する機会があるでしょう。 車を持っていないのであれば、なおさらです。 &nbsp ...

続きを見る

 

バスを降りるときはアナウンスなし!

 

降りるバス停が近づいたら、降車ボタンを押しますがここで注意が。

オークランドのバスは、日本のように次のバス停を知らせるアナウンスが一切ありません

 

あっこぷ
そのため、地図がなければ今どこを走っているのかもわからない状態です。

 

ノーザンエクスプレス(特急路線)のように、毎度ステーションと呼ばれる駅のようなバス停に止まってくれる路線だといいのですが、ローカルバスの利用時は自分が降りる場所を随時グーグルマップなどで確認しておく必要があります

 

英語に自信がなかったり、初めての場所に訪れる場合は、運転手に目的地を先に伝え、運転席の近くに座ることをお勧めします。

 

「降ります」アピールも必須!

 

日本だと「バスが完全に停車してからお立ちください」と何度もアナウンスが入りますが、こちらでは止まった後にゆっくり移動していると、「降りる人がいない」とみなされて発車してしまいます

そのため「おります」ボタンを押していていても、早めに下車の準備をするようにしましょう。

 

ちなみに、終点でも完全に全員が降りたのかチェックせずに平気で発車するのでご注意を。

 

あっこぷ
私もゆっくり降りていたら扉が閉まり、あやうく発車されそうになった経験があります(笑)

特にダブルデッカーの2階での乗車時は気をつけましょう!

 

降りるときもタッチと挨拶を忘れない

 

下車は基本的に真ん中のドアから降ります。

 

乗車時と同じく、降りるときにもタッチをします。

こちらも「ピピッ」という音がするので、音を確認してから降りおるようにしましょう。

 

あっこぷ
そして忘れてはいけないのが挨拶です。

 

入場の時と同じく、ニュージーランド人は降りるときにも運転手に必ず挨拶をします。

何も言わずにバスを降りることはとても失礼なことなので、かならず一言「Thank you」と言うようにしましょう。

 

さいごに|合わせて読みたい

 

以上、バスの乗り方についてのまとめや注意点でしたがいかがでしたでしょうか?

 

まとめとしては

step
1
バスが来たら手を上げる

step
2
乗るときはカードをタッチ、そして挨拶

step
3
降りるときはボタンを押してすぐに移動できるよう準備

step
4
下車時もタッチ、そして挨拶

という流れです。

 

挨拶は初めは戸惑うかもしれませんが、慣れてくると挨拶しないほうが変な気分になるはず!

オークランダーと同じく、笑顔での挨拶を心がけるようにしましょう

 

最終回(第七回)はバスの治安について。

乗車中に気をつけることなどをまとめています。

 

こちらもCHECK

【オークランドのバス事情⑦】治安はどうなの?女性一人でも安全?注意することはこれ!

    オークランドのバス事情を考察する連載最終回! 最後のテーマはバス乗車時の治安について。 在住者視点でのアドバイスもまとめているので、ぜひ参考にされてください。   ...

続きを見る

 


 

前回までの記事もCheck!

ツイッターもフォロー!

※海外情報を毎日更新中!

---参考:Auckland Transport

情報は公式HPより引用しておりますが、最新情報等につきましては、ご自身でのご確認をお願い致します。

意見や感想等はライターの個人的主観となります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

NZオークランド在住のフリーライター、コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。ミニマリストに目覚め、エシカルな暮らしを実践中。

☑︎CHECK

-トラベル
-,

© 2022 ニュージーランドのまるごと