https://akiaora-media.com

ファッション

【現地での評判は?】NZ発アウトドアブランド"macpac(マックパック)"店舗レポート!

2021-01-19

アバター

Akiko(あっこぷ )

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

 

近年日本でも人気の、ニュージーランド発のアウトドアブランド"macpac(マックパック)"

 

THE NORTH FACEなどでセレクトされており、アウトドア好きなら一度は目にしたことがあるのでは。

 

というわけで今回は、ニュージーランドの北島オークランドにある店舗をレポート

 

店舗の様子

現地での評判

ニュージーランドでの販売価格

を調査してきました!

 

日本では「バックパックブランド」のイメージが強いですが、NZではちょっと意外でしたよ。

 

AKIko
Kia Ora! ライターのAkikoです!

私の中では、海外のバックパッカーがよく持っているイメージ。

ちなみにニュージーランドでは、日本未展開の"あの商品"を中心に展開されていました!

 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

macpac(マックパック)とは

 

"macpac(マックパック)"はニュージーランドの南島、クライストチャーチ発のアウトドアブランド

 

創業は1973年で、当時19歳の山登りが大好きなブルース・マッキンタイヤが、自宅の倉庫で自作のパックをつくり始めたのがブランドの始まりです。

 

創業から10年後の1983年には、100名のスタッフを抱える企業へと成長。

1987年からはヨーロッパを皮切りに海外展開もスタートし、2005年からはアメリカにも進出。

 

今やニュージーランドを代表する世界的ブランドへと成長しました。

 

日本でも展開!

日本へは1996年に上陸。

主にアウトドア系ショップにて、セレクトで取り扱われています。

 

NZ的な5つの環境方針

 

"macpac(マックパック)"には特徴的な、5つの環境方針があります。

 

1.高品質なアウトドアギアは、人々が環境問題を考えるきっかけとなる。

2.丈夫で長く使える製品をつくることで、長期的に資源を節約する。

3.リタイヤさせる前にリペア(修理)する。

4.可能な限り、リデュース(軽減)、リユース(再利用)、リサイクル(再生)する。

5.自然への恩返し 炭素を再生する

--- 引用:macpac公式サイト

 

エコ・エシカル先進国のニュージーランド。

この企業理念も、まさにニュージーランドを代表するブランドならではです。

 

AKIko
というわけで、早速お店に行ってみましょう!

 

オークランドのmacpacに行ってみた

オークランドにあるmacpac(筆者撮影)

 

こちらがニュージーランド北島、オークランドにある"macpac(マックパック)"の直営店

 

この日はボクシングデーということもあり、店内ではビッグセールが行われていました

 

ボクシングデーとは

クリスマスの次の日(12月26日)に行われる主に欧米圏で行われるビッグセールのこと。

1年で1番安い日としても有名です。

 

こちらが店内の様子。

 

無駄なものを省いた、すっきりとした印象です

 

アパレルブランドとして有名

 

日本ではバックパックやサコッシュなどのカバンを中心に展開されていますが、実はニュージーランドではアウトドア系アパレルブランドとしてて有名

 

登山やトレッキング、キャンプ用の機能的なデザインが中心ですが、普段着として着用する人も多いそう

 

男女ともに20代〜40代を中心に人気で、「オシャレなアウトドアウエア」としての地位を確立しています。

 

 

オーガニックコットンTシャツは1枚$20(約1475円)と価格もお手頃。

いや、むしろお安めです!

 

ニュージーランドのモチーフがデザインされたものも多く、お土産にも最適です。

 

AKIko

ちなみに、日本ではアパレルラインは未展開

とってもレアなので、プレゼントにも喜ばれるハズ。

ちなみに

ちなみにこちらの店舗はアパレルが中心でしたが、別店舗ではテント寝袋など本格的な登山やキャンプ用品も展開していました。

 

日本でも人気のバックパック

 

日本でも人気のバックパックを発見!

macpac(マックパック)のメインラインでもあります。

 

大きなものから、小さなものまでたくさん!

日本では見かけないデザインもずらり。

 

バックパックの品質について

ちなみにmacpacのバックパックは、AZTEC®(アズテック)という素材を使用。

摩耗に強いコットンと、腐食に強いポリエステルの混紡糸を織り合わせたハイブリッド素材で、これはmacpacが独自に研究、開発したもの

高い耐久性があり、長期間の活躍が可能です。

 

AKIko
まさに、エシカルな一品です!

 

ニュージーランドの地図がデザインに!

 

"macpac(マックパック)"と言えば、この特徴的なワンポイント

このデザイン、何を意味しているかご存知ですか

 

そうなんです。

このデザインは、なんとニュージーランドの地図

そして赤丸のポイントは、macpacが生まれたクライストチャーチを指しています。

 

AKIko

なんともニクいこのデザイン、ニュージーランド好きにはたまりません

 

ちなみにこのバックパックで$109.00(約8030円)

日本だと1万6000円くらいなので、約半額で手に入ります

 

品質の良さはお墨付きなので、ニュージーランド旅行の際に、記念に購入するのもオススメです。

 

最後に|合わせて読みたい

 

登山家やキャンパーから絶大な信頼を得ている"macpac(マックパック)"

 

アウトドア派じゃない方も、Kiwi(ニュージーランド人)のようにファッションとして取り入れてみてはいかがでしょうか

価格もお手頃なので、ニュージーランドを訪れた際は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

ツイッターもフォロー!

※海外情報を毎日更新中!

 

 

---参考:macpac公式HP

情報は公式HPより引用しておりますが、最新情報等につきましては、ご自身でのご確認をお願い致します。

意見や感想等はライターの個人的主観となります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

Akiko(あっこぷ )

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

-ファッション
-,

© 2021 Akia Ora Media