https://akiaora-media.com

グルメ スローライフ

【デジタルデトックスな旅】ニュージーランドのパワースポットで格別フラットホワイト

2021-07-06

アバター

Akiko(あっこぷ )

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

 

休みの日は、カフェでのんびりを決意!

いざ休みとなり、意気揚々と来たものの、ついついスマホをチェック...

のんびり=SNSやメールの時間になる。

そんな経験はありませんか?

 

今回、Akia Ora Mediaが提案するのは「デジタルデトックス」な旅。

日頃の煩わしさから解放され、心からのリラックスを得る旅です。

 

日本のガイドブックに掲載されない穴場スポットをこっそり教えちゃいます。

 

AKIko
Kia Ora! ライターのAkikoです。

今回は、スマホを触るのが煩わしくなる"デジタルデトックスな景色"が広がるパワースポットをご紹介。

ここで飲むフラットホワイト格別ですよ!

 

 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

 

YouTubeでも公開中!

素敵な音楽とともに、風景をお楽しみください!

"Orakei Korako Cave & Geothemal Park(オラケイ コラコ ケーブ アンド ジオサーマル パーク)"

 

ロトルアから車で約1時間

タウポからは30分ほど。

ニュージーランドらしい、壮大な自然の中でのドライブを楽しんでいたら...

 

到着しました!

"Orakei Korako Cave & Geothemal Park(オラケイ コラコ ケーブ アンド ジオサーマル パーク)"です。

 

 

"Orakei Korako(オラケイ コラコ")はマオリ語で「崇拝する」という意味を持つ場所。

ニュージーランドの有数のパワースポットの一つでもあるんです。

 

 

景色が美しすぎて、まるで絵画のよう!

写真では美しさが100%伝わらないのが残念

 

ぜひ、肉眼で見て欲しい...!

 

 

川の先に見えている、対岸がパークの入口。

小型のボートに乗って渡ります。

 

20世紀初頭から観光地として整備

 

Orakei Korako(オラケイ コラコ)はニュージーランドの中でも観光地として開発された歴史が古い場所

 

ヨーロッパからの初期の旅行者が、ロトルアからタウポへ向かうルートとしてこの場所を通り抜けていたそうで、すでに20世紀初頭には観光名所として整備されていました。

 

ちょうどロトルアとタウポの中間にあるオラケイ コラコ

 

 

川下りには、マオリが伝統的に使用してきた"Waka"という丸太舟が使われており、そのレプリカも展示されていました。

この伝統的な川下りは1930年代まで続いていたそうです。

 

ちなみに

丸太船の後ろにある建物はトイレ

Guysers男性で、Galserd女性用

これは間欠泉”Geyser(ガイザー)"と"Guy(ガイ)"をかけたNZジョーク。

訪れた観光客の中には、どちらに入ればいいのかわからず、ちょっと困っていた人も(笑)

 

マオリ族の神聖なパワースポット

 

"Orakei Korako"とは、ニュージーランドの先住民であるマオリ族の言葉で「崇拝する」という意味。

 

マオリの風習として、入浴は神聖な儀式の一つ

温泉が湧き出るこの場所は聖なる場所。

いわゆる「パワースポット」だったというわけです。

 

豊富なミネラルなどの温泉資源は、入浴の他にも飲料料理に利用。

地熱を使用し、暖かい料理を作っていた記録も残されています。

 

パークを楽しむなら最低1時間必要!

 

Orakei Korakoのビジターセンターです。

チケットの購入もこちらで行えます。

 

 

入り口には全体図が。

2.5Kmのウォークトラックは、最低でも1時間はかかりますと表記が。

温泉が湧き出ているため、全ての水が熱いことにもご注意くださいとも書かれていました。

 

地熱活動の影響で、パーク内の気温は2℃〜3℃高くなっているようです。

 

チケットはビジターセンターで

 

それでは、ビジターセンターの中に入ってみましょう。

 

 

ビジターセンターではチケット販売の横にカフェも併設

軽食お土産販売も行っています。

 

チケット料金

大人 $42(約3290円)
子供(16歳まで) $17(約1330円)
家族 (大人2名+子供2名) $109(約8500円)
6歳以下 無料

--1NZD=78円(2021年7月現在)で計算

 

営業時間は9:00〜15:00

ちなみに15:00はパークエリアから船が出発する最終時間なので、最低でも14:00時までには入場する必要があります。

 

注意

※入場時間は季節によって変わります。

※夏季(NZは南半球なので11月~2月)は夕方17:00ごろまでオープン

詳しくはHPでチェックしてください。

 

お土産コーナーやカフェも併設

 

こちらはお土産エリアの様子。

Tシャツやキーホルダー、ロトルアマッドやマヌカハニーのコスメも取り扱いがありました。

 

AKIko
筆者のオススメ、ファイルドファーンスも販売されていました!

 

こちらもCHECK

【日本未上陸】ニュージーランド生まれのスキンケアブランド"Wild Ferns(ワイルドファーンス)"

  オーガニック先進国、ニュージーランド。   スキンケアに関しても、こだわりを持った良質なオーガニックブランドが多く、最近は日本でもニュージーランドブランドのものを見かけることが ...

続きを見る

 

 

しかし品数はあまり多くなく、商品もオリジナルはあまりありません。

そのため、お土産探しは別の場所の方がオススメです。

 

絶景を独り占め!素敵すぎるカフェ

 

奥には、カフェスペースがあり、絶景を眺めながら軽食を楽しむことができます。

オープンエアーとなっており、まるで外のようです。

 

 

窓から見える景色はこんな感じ。

美しすぎて、思わず息を飲みます。

 

NZ名物、フラットホワイトで至福の時間

 

ニュージーランド名物フラットホワイトと、チョコブラウニーケーキをオーダー。

美しい風景でいただくコーヒーは、とにかく格別です。

 

 

あまりの居心地の良さに、のんびり滞在。

気がつくと、1時間くらい滞在していました。

 

Orakei Korakoに行く際は、このカフェタイムを考慮されることを強くオススメします。

 

「何もしない」贅沢な時間を

 

普段忙しい時間を過ごしていると、ゆっくり座ってコーヒーを飲んでいても、なんだか落ち着かない。

結局スマホを触っては、SNSやメールのチェックを行うのは筆者だけではないはずです。

 

何もせず、ただぼーっとする。

そんな至福な時間。

 

この場所でのコーヒータイムは、普段の自分をも考えさせられる

そんなデジタルデトックスなひとときを過ごしました。

 

AKIko
パワースポットで飲む格別フラットホワイト、皆さんにもぜひオススメします!

 

YouTubeでもどうぞ!

 

オラケイ コラコの様子はYouTubeでもまとめました!

こちらのリンクよりご覧になれます。

動画▶︎【ニュージーランド】癒しの大自然!オラケイコラコを歩く

 

サーマルパークを散策!

ここからは、ボートに渡りパークへ入場。

さて!いよいよパワースポットをトレッキングです!

 

AKIko
この続きは、次回更新します!

 

\ちなみに/

カフェのみの利用は無料

タウポからロトルアの中間地点にあるので、休憩に立ち寄るのもオススメです。



アクセス情報

"Orakei Korako Cave & Geothemal Park(オラケイ コラコ ケーブ アンド ジオサーマル パーク)"

住所:494 Orakeikorako Road Taupo 3083 New Zealand

電話:+64 (0) 7 378 3131
Web:https://www.orakeikorako.co.nz/

 

 

▶︎るるぶニュージーランド

 

ツイッターもフォロー!

※海外情報を毎日更新中!

 

情報は公式HPより引用しておりますが、最新情報等につきましては、ご自身でのご確認をお願い致します。

意見や感想等はライターの個人的主観となります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

Akiko(あっこぷ )

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

-グルメ, スローライフ
-, ,

© 2021 Akia Ora Media