https://akiaora-media.com

グルメ 街の紹介

【マタマタ】映画撮影時は俳優も訪れた!オシャレなバーとのんびり街歩き

アバター

Akiko(あっこぷ )

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

 

オークランドから車で南に2時間ほどのところにある、ワイカト地方の小さな街、"Matamata(マタマタ)"

街の郊外で、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の撮影が行われたことで有名となりました。

その後跡地を整備し、ロケ地ツアーを開始したことで、観光客が立ち寄るように。

 

というわけで今回は、Matamata(マタマタ)の街の様子

そして私が利用した、居心地の良いバー(カフェ)をレポートします。

 

Akia Ora Mediaと一緒に、旅行気分でご覧ください

 

この記事は【ホビトン】ロードオブザリングの撮影拠点の街、マタマタに行こう!の続きです。

ぜひ、こちらも先にお読みください。

 

こちらもCHECK

【ホビトン】ロードオブザリングの撮影拠点の街、マタマタに行こう!

  まだまだ手付かずの自然が多いニュージーランド。 その雄大な景観は、数々の映画のロケ地として使用されており、ロード・オブ・ザ・リングの撮影が行われたことでも有名です。 今回は、その撮影拠点 ...

続きを見る

 

 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

ロード・オブ・ザ・リングで有名に

 

Matamata(マタマタ)は、こじんまりとした小さな街

名所はホビトン・ムービーセット・ツアーしかないため、観光客相手のお店が少しあるくらい

商店が連なるメインストリートも、ビジターセンター(観光案内所)から離れれば離れるほど、地元民用のお店になって行きます。

 

 

ポップなAll Day Breakfastのお店を発見。

お隣にはニュージーランドの国民的料理Fish&Chipsが!

"Take away(持ち帰り)"もできるようです。

 

 

お店は、街のメインストリート沿いに並んでおり、道路の端は駐車場になっています

車がないと、アクセスが厳しいMatamata(マタマタ)

みんなが車で訪れるため、ツアーの集中する時間帯は、駐車場探しに苦労しました。

 

オススメは観光案内所の裏にある駐車場

どこよりも回転が早かった印象。

ちなみに無料です。

 

 

街の中心のラウンドアバウトには時計塔が。

観光案内所と共に、街のシンボルとなっています。

ちなみにニュージーランドでは、ラウンドアバウトをとってもよく見かけます

 

ラウンドアバウトとは

いわゆる環状交差点のこと。

ロータリーとの定義の違いは、信号機や一時停止がないことだそう。

 

街で人気の"The Redoubt Bar And Eatery"へ!

 

さて、「ホビトン・ムービーセット・ツアー」の参加時間までは、まだ1時間半ほど。

お腹もすいてきたので、時間つぶしを兼ねて、ここらで少し腹ごしらえ

というわけで、街でも格段にオシャレでとても目立っている"The Redoubt Bar And Eatery"に行くことにしました。

 

 

場所はちょうど、街の観光案内所から道路を挟んだ向かい側に位置します。

 

 

Good Food, Good cheer, Great beerが合言葉。

「バー」と表記がありますが、カフェとしても利用できます

 

早速、中に入ってみましょう。

 

 

店内は天井が高く、広々開放的な雰囲気。

店内奥にはバーカウンターもありますが、基本的にはテーブル席。

 

私がオーダーしたものは...?

 

まずは、ジンジャービールをオーダー。

値段は$5.2(約400円)です

 

ジンジャービールとは、イギリスが発祥の炭酸飲料。

ビールと名が付きますがノンアルコールのドリンクで、ジンジャエールより生姜感の強く、より甘めなのが特徴。

ニュージーランドでは、とても一般的な飲み物です。

 

AKIko
ちなみに、お隣の国オーストラリアでも一般的なドリンク。

よく見るとこのボトル、オーストラリア産でした(笑)ご愛嬌。

 

 

私のオーダーした、"Monteiths radder fish and chips(フィッシュアンドチップス)"が登場しました!

こちらはお値段$19(約1460円)

ちょっとお高めな気もしますが、観光地価格としては良心的

 

AKIko
ちなみにフィッシュアンドチップスには種類があるのをご存知ですか?

私のお気に入りは"Beer Battered"という、ビールの衣で揚げたもの

オーダーしたこちらがそうで、衣をカリカリまで上げる、ディープフライが特徴です。

 

 

"Crispy pork belly sliders"もオーダー。おしゃれ!

slidersとは、一口サイズのバーガーのこと。

小腹が空いているときにぴったりです。

こちらは$16(約1200円)とリーズナブルでした。

 

雰囲気もよく、時間ギリギリまでこちらでのんびり。

街に訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてください。おすすめです

 

アクセス

The Redoubt bar and eatery

住所:48 Broadway, Matamata 3400 New Zealand

営業時間:11am-1am

HP:https://redoubt.nz/matamata/

 

YouTubeでも見れます

 

街歩きと店内の様子は、YouTubeにもupしています。

記事の内容より詳しく紹介しているので、合わせてチェックしてくださいね

 

【動画】▶︎【ロードオブザリングのロケ地】ホビットの街「マタマタ」を散策!

 

最後に|合わせて読みたい

 

新しい観光地ということもあり、お店も多くはありませんが、素朴で可愛らしい街"matamata(マタマタ)"

小さな街なので、全体を見て回るには1時間もあれば充分ですが、なんだかゆっくり長居したくなる不思議な街でした。

 

というわけで、腹ごしらえを済ませたらそろそろツアーの時間。

「ホビトン・ムービーセット・ツアー」は、またの機会にご紹介します

お楽しみに!



ツイッターもフォロー!

※海外情報を毎日更新中!

 

情報は公式HPより引用しておりますが、最新情報等につきましては、ご自身でのご確認をお願い致します。

意見や感想等はライターの個人的主観となります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

Akiko(あっこぷ )

「暮らすように旅をする」フリーランスレポライター。移住と旅行のいとこどりな「旅留学」の提案者。根っからの乗り物(駅・空港)オタク。美容・コスメ・シンプルなことが好き。

-グルメ, 街の紹介
-,

© 2021 Akia Ora Media