https://akiaora-media.com

渡航情報

【ニュージーランドの入国】いつから行ける?隔離は必要?(PCR検査・MIQ・ワクチンパスポートまとめ)

2021-11-24

akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

オークランドと東京の二拠点生活を送るフリーライター兼コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタクで、今一番ワクワクしてるのはオークランドに地下鉄ができること。暇さえあればグーグルマップを見ている地図好き。美容・コスメ・シンプルなことも好き。

 

ニュージーランドでは現在、新型コロナウイルスの感染拡大による厳しい入国制限を行なっており、国境は固く閉ざされたまま

ニュージーランド人でさえも隔離施設の予約が取れず、大勢の人が入国できない状況が続いています

 

観光ビザのみならず、留学・ワーキングホリデー・ワークビザの発給もストップしているため、外国人である日本人は現在入国するすべがなく、やきもきされている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、現在のニュージーランドへの入国条件を、政府の公式発表とともに随時更新

加えて有効なビザがある方向けに、コロナ渦のニュージーランド入国時に必要なことを簡潔にまとめましたので、渡航の際は参考にされてください。

 

【2021年11月24日現在】の情報です

条件は随時変更されるため、更新されている場合もございます。

確実な情報はご自身でご確認ください。

▶︎ニュージーランド移民局HP(英文)

 

最新情報!

【11月24日更新】

▶︎2022年1月中旬にオーストラリアにいるニュージーランド人、2月に全世界にいるニュージーランド人、4月にワクチンを2回接種済みであれば、旅行者を含む全ての外国人(つまりは日本人も含む)の入国を認めるとアナウンスがありました!

動きがあれば、またこの記事で更新します!

 

 

ツイッターはこちら!

※記事の更新情報もつぶやきます!

 

ニュージーランドへ入国できる人

 

まずは、現在のニュージーランドの入国状況です

 

早見表(2021年11月24日現在)

入国できる人 ニュージーランド人(永住権保持者含む)とその家族
申請すれば、入国できる人(許可されない可能性もあり) (すでにニュージーランドに居住している)大学や大学院などに通う学生、ワークビザの保持者
入国できない人 観光、留学、ワーキングホリデー等

 

現在、観光ビザ、ワーキングホリデービザ、留学(学生)ビザ、ワークビザなどの審査は凍結している状態です。

【11月24日更新】→2022年4月より旅行者(ワーホリ等も?)の入国が再開の見通しです!

 

現在のニュージーランドに入国できる人の詳しい条件は以下となっています。

 

ニュージーランドに入国できる者

(2021年10月12日更新)

  • NZ国籍者および永住者(Permanent Residentビザ所持者)
  • NZ人および永住者のパートナーまたは子で、家族ビザ(relationshipに基づくビザ)を所持する者
  • NZに駐在する外交官
  • 通常NZを居所としているオーストラリア人又はオーストラリア永住者(条件あり)
  • クック諸島、ニウエ、オーストラリアからの渡航者(条件あり)
  • 居住者(Residentビザ所持者)で一定の条件を満たす者(条件あり)
  • 人道案件(条件あり)

--在ニュージーランド大使館HPより

 

上記以外に、「必要不可欠な渡航」として入国規制免除(Expression of Interest)の申請が可能な方は以下の通りです。

 

ニュージーランドに入国の申請ができる者

(2021年10月12日現在)

(1)短期滞在ビザ(temporary visa)を所持する教師のパートナーと家族
(2)国家的重要事項のために出国し、再入国する者
(3)短期滞在ビザを所持する者のパートナーと子
(4)パートナーと家族
(5)通常NZを居所としている就労ビザ保持者
(6)必要不可欠な医療従事者
(7)必要不可欠な労働者
(8)NZー太平洋諸島間の往来
(9)人道案件
(10)学生(博士号/修士号/再入国の学生等)
(11)乗組員(飛行機、船)

許可されるとは限りません

--在ニュージーランド大使館HPより

 

それでは、有効なパスポートやビザを持っている場合、続いてどのようなプロセスが必要なのかを、順を追って見ていきましょう。

 

入国時に必要な4つのこと

1.MIQの予約

まず始めに、入国日が決まったらMIQの予約を取ります。

 

MIQとは

Managed isolation and quarantine」のことで、政府が指定する隔離施設のこと。

現在、国外からのすべての入国者は、MIQへの滞在が義務付けられています

MIQのHP▶︎Managed isolation and quarantine(MIQ)

 

隔離期間は14日間

11月14日より、ワクチン2回接種者は14日間から7日間に+3日間の自宅隔離となっています。

 

【11月24日更新】

▶︎2022年1月にニュージーランドに住むニュージーランド人、2月に全世界に住むニュージーランド人を対象に、ワクチン2回接種済み、PCRテストの陰性証明があれば、MIQは必要なく自宅での自主隔離(7日間)に変更に。

▶︎2022年4月より旅行者を含む外国人の入国を認め国境を開放し、ワクチン2回接種済み、PCRテストの陰性証明があれば、MIQは必要なく自宅での自主隔離(7日間)のみで入国が可能の見通しです

 

 

MIQはパスポートやReal meに紐づき、入国に有効なビザがなければ予約を取ることができないのでご注意ください。

 

筆者の滞在した隔離施設。運よく高級ホテルにあたり、室内に大きなバスタブが...!(筆者撮影)

 

MIQは費用が発生($1610〜$2760)しますが、コロナ前にニュージーランドを離れている、入国後6ヶ月以上滞在するなどの条件に当てはまれば、隔離費用免除(無料)となります。

 

詳しくはこちら

 

なお、現在MIQの隔離施設の受け入れ人数と、帰国希望者の人数のバランスが取れておらず、予約は常にパンク状態が続いており混乱をきたしています。

入国まで数ヶ月待つことも予想されますので、渡航が決まった際はすぐに確認することをオススメします

 

実際のMIQの予約画面。X印は予約が埋まっている日。この画面にたどり着く前にも抽選が。(筆者撮影)

 

MIQでは1日300人程度しか受け入れられないそうで、2021年の夏よりオーストラリアとのトラベルバブルが中止されたこともあって、一時は数万人の人が帰国待ちの状態に。筆者も予約が取れるまでに数ヶ月かかり大変な思いをしました。

隔離期間が14日から7日に変更になったことで、現在は多少予約が取りやすくなっていますが、それでもまだまだ混雑が続いています。

特に今からのクリスマスシーズンは帰国希望者が増加するため、引き続き厳しい状況となっています。

【11月24日更新】▶︎2022年からワクチン接種者はMIQの必要がなくなり自主隔離となるアナウンスがありました!

 

飛行機の予約

成田空港はゴーストタウン...(筆者撮影)

 

MIQの予約が完了した後は、48時間以内に飛行機の予約を行わなければなりません

予約が取れない場合は、MIQはキャンセルとなってしまうため、MIQの日程は飛行機の便と合わせての確認が必要となります。

 

日本からニュージーランドへの渡航方法

現在、日本からニュージーランドへ行く直通便はニュージーランド航空(成田発-オークランド行き)のみ週に1便での運行となっています。

▶︎ニュージーランド航空HP

シンガポール航空の経由便もありますが、乗り換え時にシンガポールでのトランジット条件を満たす必要があります

▶︎シンガポール航空HP

両者の航空券を一括で探したい場合はskyticket(スカイチケット)の検索窓の利用が便利。

料金も一覧で出るため、比較検討が簡単です。

▶︎skyticket(スカイチケット)

 

ガラガラのニュージーランド航空の機内。乗客は15人程度(筆者撮影)

 

ちなみに、時差の計算や到着日を間違え、MIQの予約が破棄となった事例が多く発程しています

飛行機を予約の際は、搭乗日の日にちと、ニュージーランド到着の日にちの両方を必ずご確認ください。

 

MIQの予約は、ニュージーランドの到着日です。

現在ニュージーランド航空の成田発-オークランド行きは夜便のため、到着は日にちをまたぎ翌日(+1日)となるのでご注意ください

 

ワクチンパスポートの取得

 

2021年11月1日より、ニュージーランドに入国する外国人(永住権保持者も含む)は、2回のワクチン接種が完了している必要があり、入国時に証明書が必要となりました。

なお、ニュージーランド航空でも2022年2月より国際線に搭乗するすべての乗客に対しワクチンパスポートの提示を求めています

 

証明書は日本政府が発行している「ワクチンパスポート(英文)」の使用が可能です。

発行までは時間がかかりますので、ワクチンを接種した後は、速やかに発行を行いましょう。

 

先ほども述べたように、ワクチンの2回接種者は、MIQでの隔離期間が14日間から7日間+3日の自宅隔離へと隔離期間が変更

【11月24日更新】2022年からはMIQではなく自宅での自主隔離に変更になります。

 

PCR検査の陰性証明

 

ニュージーランドへの渡航者は、入国時に出発72時間前に行ったPCR検査の陰性証明の提示が必要となります。

 

陰性証明は全文英文のもので、名前とパスポート番号の記載が必要

「ニュージーランド入国72時間前」ではなく「日本出国72時間前」ですのでご注意を。

 

ニュージーランド入国時に必要なPCR検査は以下の検査方法です。

NZ保健省は、オーストラリア及び超高リスク国を除く、あらゆる国からの渡航者に対して次の検査を義務付けています。

・PCR、RT-PCR及びTMAを含む核酸増幅試験 (NAAT)
・LAMP
・抗原検査 (別称:迅速抗原検査)

※日本は超高リスク国に指定されていません

---MIQ HPより(日本語)

 

ニュージーランド入国時に確実なPCR検査は「鼻咽頭ぬぐい・スワブ検査(Nasopharyngeal Swab)」です。

鼻に綿棒を入れて行う検査方法のこと(筆者撮影)

 

唾液でもPCR検査も、種類によってはLAMPを満たしているものもありますが、LAMP以外の唾液検査の場合は入国を拒否される可能性があります

 

ニュージーランド保健省も鼻咽頭ぬぐいを推奨しているため、理由がなければ鼻咽頭ぬぐいで検査を受けることをオススメします

 

自宅で行う簡易検査(検体検査)は不可となっています。

 

ニュージーランド入国用のPCR検査が可能な都内のクリニック

隔離施設ではマスクやソーシャルディスタンスが徹底されていました(筆者撮影)

 

ニュージーランド入国時に必要な条件を満たしたPCR検査と陰性証明を発行してくれるクリニック2件ご紹介します。

どちらも筆者、または筆者の友人が利用し、実際にニュージーランド入国の際に使用ができた確実なクリニックです。

検査料金も都内では最安値または格安となっています。

 

ONE CLINIC 恵比寿

ONE CLINICの院長先生。快く撮影に応じてくれました(筆者撮影)

 

恵比寿駅から徒歩5分のところにあり、厚生労働省と経済産業省が運営するTeCOTに登録されている中で、都内最安値のクリニック

16時までに受ければ当日に証明書の受け取り(メールでのPDF)が可能。

16時以降であっても翌日昼ごろまでに結果が届きます。

料金は1万6600円で、陰性証明(英文)は発行手数料は無料

筆者も利用しましたが新しく綺麗なクリニックで、夜間も24時までと柔軟に対応しており、とてもオススメです

 

▶︎ONE CLINIC 恵比寿 HP

 

芝国際クリニック

 


浜松町駅から徒歩5分の場所にあるクリニック。

15時までに受ければ、当日に証明書の受け取り(メールでのPDF)が可能。

またクレジットカードでの事前決済も可能となっています。

料金は2万2000円(陰性証明発行料3300円含む)と、都内の他クリニックに比べると比較的リーズナブルとなっています

 

▶︎芝国際クリニックHP

 

ちなみに

成田空港でもPCR検査センターがありますが、料金は予約ありで3万円(予約なしだと5万円、17時以降は予約ありでも4万6500円)と非常に高額です

しかし、24時間365日対応で検査から2時間で証明書を発行してもらえるため、空港に書類を忘れた場合などの駆け込み寺としては助かります。

▶︎成田空港PCRセンターHP

入国時に注意すること

入国カードもコロナ関連の質問が(筆者撮影)

 

最後に、ニュージーランド入国時の入国審査での注意点として、筆者が実際に入国時に感じたことをシェアしておきます

 

MIQの予約がなければ飛行機に搭乗ができないため、入国自体は比較的スムーズですが、現在ニュージーランドでは海外からの帰国者による国内へのコロナウイルスの持ち込みに頭を悩ませており、とても神経質になっています

 

通常時とは違うオペレーションでの入国(筆者撮影)

 

コロナ関連の種類(MIQバウチャー、ワクチンパスポート、PCR検査の陰性証明)は、電子ベースでも可能とされていますが、入国時に提示を求められ、隅々までくまなくチェックが行われるため、紙ベースでの用意がベター

 

無用なトラブルを避けるためにも、すべてプリントアウトして持参することをおすすめします

 

最後に|合わせて読みたい

ずらっと並ぶニュージーランド航空の機体(筆者撮影)

 

以上、現在ニュージーランドに入国に関する条件と、入国時に必要な書類についてでした。

 

お隣のオーストラリアでは2021年12月に観光客の受け入れを開始するとの発表もありましたが、ニュージーランドでは国内の移動も制限している状態で、国境の開放はまだまだ難しいのではないかと言う見通しです

 

【11月24日更新】▶︎2022年1月にオーストラリアにいるニュージーランド人、2月に全世界にいるニュージーランド人、4月に旅行者を含む全ての外国人の入国を認めるとアナウンスがありました!

 

また新しい情報が更新されましたら、こちらの記事でも随時アップデートして参りますので、ぜひご確認ください

 

 

ツイッターもフォロー!

※海外情報を毎日更新中!

 

 

---引用参考:

・ニュージーランド移民局(英語)

・在ニュージーランド日本国大使館(日本語)

・ニュージーランド保健省 MIQ HP(日本語ページ)

 

情報は随時更新されています。最新情報等につきましては、責任を持ってご自身でのご確認をお願い致します。

ビザのステータス等についての問い合わせへの返答は出来かねます。入国時のトラブル等は当メディアでは一切責任を負えません。

 



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
akkop(あっこぷ )

akkop(あっこぷ )

オークランドと東京の二拠点生活を送るフリーライター兼コラム二スト。根っからの乗り物(駅・空港)オタクで、今一番ワクワクしてるのはオークランドに地下鉄ができること。暇さえあればグーグルマップを見ている地図好き。美容・コスメ・シンプルなことも好き。

☑︎CHECK

1

  ニュージーランドには、数多くのユニークなトイレが存在します。   今回は、その中でもMatakana(マタカナ)で発見したアーティスティックな公衆トイレと、その経緯について紹介 ...

2

  オークランドから車で南に2時間ほどのところにある、ワイカト地方の小さな街、"Matamata(マタマタ)" 街の郊外で、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の撮影が行われたことで有名となりま ...

3

  エコやオーガニックの先進国のニュージーランド。 最近はヨガでも注目されていることをご存知ですか? ナチュラリストが多いお国柄や、エシカルなライフスタイル、そして雄大な大自然と、ヨガに必要 ...

4

コスパという言葉が大好きな筆者。 同じものなら、なるべく安く手に入れたい! というわけで今回は、ニュージーランドで一番有名なディスカウントストア"Warehouse(ウェアハウス)"をご紹介です。 & ...

5

旅の楽しみの一つは、やっぱりショッピング! 自分用にもプレゼント用にも、可愛いお土産をGETしたいですよね。 そして、できることなら安く抑えたい... というわけで今回は、ニュージーランドお土産を安く ...

-渡航情報

© 2021 Akia Ora Auckland